2016年11月16日

映画感想『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』


頻繁な更新を目指して、あらすじ等を絞って感想に入れ込み、簡略化させていきますよ!
単純に私の面倒な部分を無くしてくだけです!



『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』(2015)
監督:橋本昌和
出演:矢島晶子、坂本真綾、平田広明、ほか

【感想】
一言で内容を表すと、「もし、野原一家がモンスター映画の世界に紛れ込んだら?」です!
父ちゃんのお仕事の都合で、メキシコへとお引越しすることになったしんちゃん達が、その地で未知の生命体との、未曽有のサバイバルバトルに巻き込まれます!

これ、なんとなくのイメージではなく、間違いなく意識して作られている部分です。
無限に増殖する人食いモンスターを、生き残った個性的なメンツと共に、知恵を絞って切り抜けていく展開。
ゾンビ映画はもちろん、「トレマーズ」や「ミスト」「遊星からの物体X」「アーネスト」シリーズなどなどへのオマージュを随所に発見できます。
逃げ延びる中で生態や弱点を発見し、反撃にうつるなんて流れは完全にこの手のモンスターパニックのお約束ですからね!

もちろん、「クレヨンしんちゃん」ですから、基本はギャグですけども!
ハイテンションな笑いはもちろんですが、間の取り方なんかも絶妙で大人だからこそ笑える部分も大いにあると思います。
個人的に好きなアニメーション監督の湯浅政明が原画や絵コンテで参加しているのもポイント高し。
ダイナミックな動きとアクションシーンを堪能できます。

舞台を海外へ移すことで、シリーズでお約束となっていたお友達のマサオ君達をはじめとするTVアニメのレギュラーメンバーを、本筋から完全に切り離し、主役を野原一家のみに絞っていることでいつも以上に物語の密度をあげることも成功の一因かなと思います。
もちろん、春日部メンバーをないがしろにするわけではなく、別れのシーンで勢ぞろいで胸を打ってくるんですよ!(開始10分でウルウルさせられるとは)
ネタバレになるのであまり詳しくも言えませんが、終盤の一番盛り上がるところで、かすかべ防衛隊との絆が活きてくるところもイイんです!
アソコのアノシーンで前半で出てきたアレが活躍するんだと「ハッ」と思い到った瞬間、私の涙腺がアレしました。ナニって崩壊です。

メキシコに移ると、しんちゃん以外の主要な子供キャラが一切出てこないところも、焦点を絞っていていい部分だと思います。
大人たちが口論をはじめると「喧嘩してるの?」と、まっすぐな瞳で問いかけてくるところも、いつもお気楽に見えるしんちゃんのナイーブな部分を感じられて抱きしめたくなります!
あと、シロがすごく可愛いしかっこいい。影の苦労人(犬)。
映画の冒頭で、妻と幼い子供達を異国の地メキシコへつれていくことに逡巡し、単身赴任しようとする、ひろしと、共に話し合って決めようと諭す、みさえのやりとりも泣かせます。

また、今作はしんちゃんよりも、周りの大人たちの成長を描いている作品でもあります。
気弱なプロレスラーや、我を通そうとする町長が、心と心のぶつかりあいの果てに、みんなのため立ち上がる姿を見ると胸が熱くなります。
「しんちゃん」というキャラクターは、ある意味「成長してはいけない完成された存在」でもあるので、TVアニメの映画化としてゲストにその役目を持たせるのはより正しい姿勢なのかもしれません。

笑って笑ってハラハラして笑って、時には泣けちゃう、そんなしんちゃん映画らしい、シリーズ中でもとくによく出来た一本!
オススメ!

あ、これは、クレしん映画シリーズ全体への不満なんですが、毎回その時々の売れてる芸人ネタを入れるのやめてほしいです。
今さら「ダメよぉ〜ダメダメ」なんて見せられても切なくなっちゃうっ!(笑)
20年後ぐらいに見ると一周まわって懐かしめるのかな。


おわり。

posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

リアル呪いに注意!映画感想『劇場霊』

書きかけで半年以上放置していたものを満を持して投稿!(忘れてただけデス)

『劇場霊』(2015)
監督:中田秀夫
出演:島崎遥香、足立梨花、他


【きっかけ】
東京ディズニーランドのお膝元、舞浜駅近くのイクスピアリ内の映画館「シネマイクスピアリ」で観ました。
さすが夢と魔法の王国の領内!
16スクリーンもあるシンメトリックで大層素敵な劇場でした。
そんなファンタジックな空間で、どす黒そうなホラーを見ようと思い立つ悪ノリ。

【あらいあらすじ】
自らのキャリアのステップとなる大きな舞台劇へと挑戦をする若手女優「水樹沙羅(島崎遥香)」。
本番へ向け稽古が進んでいくが、美術の小道具として運び込まれた美しい一体の美しい人形の周囲では怪異が起き始める・・・。
詳しくは公式HPとかで。

【感想】
監督の中田秀夫は、『リング』はもちろん、タイトル的にも似ている『女優霊』を撮っていて、どちらも恐怖におののいた思い出がある身として、期待に背筋を凍らせながら開演を待ちました。

結論からいうと、大型の遊園地にあるストーリー式お化け屋敷みたいな映画でした!
怖いところも大いにあるんだけど、どうもチープに感じて首を捻りたくなってしまう部分もありました。
とくに音楽とライティングが顕著で、「ア〜ア〜♪」という女性コーラスが主体になったBGMや、一番怖い瞬間をデーンと青っぽいライトで演出したり。
あえてなのかもしれませんが、昭和のお昼の恐怖ドラマ、お化け屋敷感が強すぎて、映画でこれやらなくてもいいのではと思ってしまいます。

途中まではリングのように呪いを解く方法を探して奔走するのだが、終盤近くで「いやもうこれ霊とかじゃないよ、なんか得体の知れないもんだよ!」的なことを宣言!
心霊映画の皮と謎解きを投げ捨てて、モンスター映画へと強引に移る展開はとても好きで、「おお、そうきたかい!やったれやったれ!皆殺しじゃ!」と、身を乗り出した瞬間でした。
日本でモンスター映画を成立させてやろうというスタッフの意気込みを感じました!
ただまぁ、こんな展開にするなら『劇場霊』というタイトルで見にきた人はコレジャナイと感じても仕方ない思いますが。
前述したように『戦慄!劇場人形の恐怖!!』のような、お化け屋敷的な題が似合いそう。

主演(?)のお人形さんは、暗がりの中に浮かび上がる綺麗なお顔がとてもよろしくて、存在感がありました。
肝心の襲いかかるシーンで動きが入るとイマイチ怖さ軽減なのが悲しいところです。

役者陣はハマっていて、島崎遥香のナチュラルに眉根を寄せた顔が、才能はあるのに機会に恵まれない若手女優の役柄にベストマッチでした。

「リング」や「呪怨」などのJホラーとは違う、和製怪物映画としてならほどほどにオススメです。
期待しないで見よう!

ところで・・・。
私が見た回では観客は10人ほどだったのですが、見終わった後に学生とおぼしき女の子二人が、「なんか頭が痛い。」を連呼していて、とても怖かったです。
一人なら分かるけど二人同時に・・・?
もし、ビデオなどで見る方は念のため盛り塩を用意しておきましょう!


おわり。

【今日の劇場マナー】
個人的にはタバコをくわえてる方の怖がり(驚き)方がリアルで一番ですね!
posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

2016に見た映画、ドラマ、アニメ【1】

2016年に見た映像作品を、一言添えてただ並べておくだけの記事です。(主にビデオ)
メモ代わりに一年間こっそり更新され続ける予定。
この中から改めて感想を書くと思います。

『ル・アーヴルの靴みがき』(2012)
監督:アキ・カウリスマキ
3度目ほど、穏やかになれる。

『スキャナー・ダークリー』(2006)
監督:リチャード・リンクレイター
2度目、今見ても新しい映像技術。

『フライト・ゲーム』(2014)
監督:ジャウム・コレット=セラ
初見、中盤までとくに楽しかった。

『ゾンビ/ディレクターズカット版』(1978)
監督:ジョージ・A・ロメロ
ゾンビ毎の演技力の差が激しいな!

『美しき冒険旅行』(1971)
監督:ニコラス・ローグ
心暖まりそうで切なくて。

『ホーリー・マウンテン』(1973)
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
前情報で身構えていたら、中盤以降普通にお話としてとても楽しい。

『スモーク』(1995)
監督:ウェイン・ワン
見るのは4,5度目、寒いうちにみよう。

『チェンジリング』(1980)
監督:ピーター・メダック
お上品なホラー。とても良い。

『ゾンビランド』(2009)
監督:ルーベン・フライシャー
見るのは6度目、はぁ、幸せ。毎回トゥインキーを食べてみたくなる。

『インサイド・ヘッド』(2015)
監督:ピート・ドクター
私にもビンボンがいたのかもしれないとみんなに思わせる。素晴らしい!

『リンカーン・秘密の書』(2012)
監督:ティムール・ベクマンベトフ
映画館で見たので2度目。もう見なくてもいいけど楽しんだ。

『ゼイリヴ』(1988)
監督:ジョン・カーペンター
主人公が脳筋すぎるね!設定が楽しい。

『西遊記 はじまりのはじまり』(2013)
監督:チャウ・シンチー
楽しい西遊記だと思って子供に見せるとトラウマになります。続き超見たい!

『アベンジャーズ/エイジオブウルトロン』(2015)
監督:ジョス・ウェドン
ここにきてシリーズ最高傑作を出してきたジョス・ウェドン恐るべしーーー!

『7500』(2014)
監督:清水崇
呪怨的なものを期待すると、期待したまま終わる。ソウイウコトカー。

『セッション』(2015)
監督:デイミアン・チャゼル
鬼教師役にJ・Kシモンズをキャスティングした時点で面白さは約束されていたんだ!


オープン!
posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

ずらり最近見たレンタルビデオの簡易感想!

ここ最近みたものの感想を、一気に!
面白かったのも、表情筋がピクリともしなかったものも、一緒にあげていきます!
各作品がどちらに属しているのかは文面から察してください!

いや〜TUTAYAさんでは、今まで借りてきたものの履歴なんて見られるんですよ。
こりゃ便利!


『ヤマノススメ』(2013/日本)
登山アニメ。
可愛い女の子たちがキャッキャしながらしているのを「うひょひょ」と見ていると、いつの間にか自然と登山に関する知識が身についているという素晴らしい構成!
1話5分のお話で、全13話。綺麗にまとまった友情物語。

『スキャナーズ』(1981/カナダ)
超能力者対超能力者の壮絶な戦いを描くSFホラー。
力同士のぶつかりあいの表現が秀逸!
目に見えないそれを役者の演技力と、巧みな特殊メイクで見せていただけました!

『イコライザー』(2014/アメリカ)
デンゼル・ワシントン主演のアクションスリラー。
印籠を出すのが超かっこいい水戸黄門でしょうか!
真の実力をひた隠し、平穏に生きようとする男が、溜めに溜めた怒りを爆発させるという構図は、王道のカンフー映画をみているようです。
身近なものを、武器として臨機応変に使っていくのも楽しい。

『紙の月』(2014/日本)
資金運用を勧める銀行員とし職務を日々真面目にこなしていたごく普通の女性が、一人の青年と不倫関係に陥ってしまうことで人生を狂わせていくサスペンス。
横領に手を出し、泥沼にはまっていく過程が丁寧かつ宮沢りえの演技力も相まって、終始手に汗握ってしまいました!
不倫に陥る青年と、幼いころの思い出の中の男の子の顔がどことなく似ている所が切なくさせますね。

『ニンフォマニアック第一巻+第二巻』(2013/デンマーク)
色情狂の女性の半生を描く、2本立てのエロティックヒューマンドラマ。
描いていることは終始、セックスのことなのですが、ラース・フォン・トリアー監督らしく愛情と滑稽さを合わせた人間描写も満載で、ずっと笑ってみてしまいました。
とくに、不倫の果ての修羅場。ユマ・サーマン演じる正妻とのやり取りは必見で、思い出すだけでも吹きだします。

『ポンペイ』(2014/アメリカ)
スペクタクルアクション。
って、スペクタル感のないタイタニックやないかい。
終始BGM流し過ぎ。

『アタック・ザ・ブロック』(イギリス/2011)
チンピラ少年達が自分達のシマを守るために、謎のエイリアンと戦うSFアクション。
チンピラが最後までチンピラのまま活躍するのがいいですね。
予算の限界は感じるものの、口の中を光らせて襲いかかってくるエイリアンの見せ方は新鮮!

『ガルシアの首』(1974/アメリカ)
マフィアのボスによって賞金をかけられたガルシアという男の首(文字通り生首)を巡り、二人の男女と、それをつけ狙う組織の追走劇を描いたアクションサスペンス。
ひたすら暑そうなメキシコの景色と、乾いた空気の中で繰り広げられる銃撃戦が鮮烈!
5年に1度ぐらいのペースで見ている気がする。

『エリア<0>』
見ていると眠くなるけど、体が綺麗に折り畳まれるところは唐突で良かったような気がしないでもないけど、やっぱり気のせいだった。
おはようございます。

『フェイズIV 戦慄!昆虫パニック』(1974/アメリカ)
化学薬品の不法投棄が原因でアリによる人類への反乱が起きてしまうSFスリラー。
なんといっても本物のアリが所せましと画面の中を蠢く画は説得力があるでしょう!
蟻が出てくる映画といえば「黒い絨毯」>「マラブンタ」>「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」なんかもありますが、これも外せなくなりました。

『MAN VS.WILD』(2006〜)
現在も続くディスカバリーチャンネルのTVシリーズ。
冒険家ベア・グルリスが、僕達に極限の世界で生き残る方法を教えてくれるサバイバル番組だ!
密林の奥地、火山地帯、雪山や砂漠など、あらゆるところで体を張ったベア・グルリスを堪能できます。
食糧を得るための描写が見所で、象のフンをしぼって水分を補給したり(第一巻)、生きたまま虫を口に放り込んだりする姿を、嘘偽りなく映像として見せてくれるのが最高!
一緒に顔をしかめながら観よう。

『反撥』(1965/イギリス)
男性に対して強い嫌悪感をもつ、美容師見習いの女性が、ふとしたきっかけで心を壊していく様を描いたスリラー。
精神の崩壊を、壁の崩落に置き換えていく描写が、文学的なお話を映画としてスリリングなものにしているところが秀逸。
狂気を伴ったカトリーヌ・ドヌーヴの美しさ!

『マチェーテ・キルズ』(2013/アメリカ)
山刀を手に悪を裁く犯罪捜査官のマチェーテが、家族を惨殺された怒りを胸に麻薬密売組織をぶっつぶす為にドンパチブッシャーするアクションの第二弾。
ダニー・トレホの凶悪な顔と、寡黙なスーパーヒーローキャラ(めちゃくちゃ人殺して美女を抱きまくるけど)が、相変わらずドハマりしています!
ポップコーンや酒を準備して、何も考えずに見よう。(私は白湯をすすりながら観たけど)

『トランセンデンス』(2014/英・中・米)
一人の天才人間の人格を、彼が研究していた技術によって、人工知能へと再生させたことによって引き起こされる事態を描いたSFサスペンス。
あまり重厚なものをイメージすると肩透かしを喰らうので、「ジョニー・デップ死んじゃいそうになってもかっこいい〜」とか、ポップコーン食べながら観るとちょうどハードルが下がっていいかもしれない。(私は白湯をすすりながら観ました)
良い所もたくさんあるんだけど〜!という感じ。
似たようなテーマなら、少し前に日記に書いた『チャッピー』をオススメ!

『暗戦 デッドエンド』(1999/香港)
とある目的の為、大金を得る計画を立てた余命いくばくもない男と、彼に交渉人として指名された刑事との頭脳戦を描くアクションサスペンス。
タイトルから、血みどろの香港ノワールものかと思って借りたのですが(とくにあらすじを読まずに手に取った)、いい意味で裏切られました!
二人の男の思考をはりめぐらせた腹の探り合いは先が読めなくてとても楽しかったです。
直接描写はないものの、そこはかとなく漂うホモセクシャル感にもトキメキを禁じえない!

『ワン チャンス』(2013/イギリス)
TVの人気オーディション番組をきっかけに、自信を持てない日々からオペラ歌手として成功したポール・ポッツの半生を描いたヒューマンドラマ。
サクセスストーリーなのは事前に分かっていたので(予告だけでお話の9割がわかりますw)、あまり期待もせずに見たのですが、人物描写、伏線回収が最後までしっかりまとまっていて楽しかったです!
吹き替えの方も良い。

『立候補』(2013/日本)
選挙の立候補者の姿を追ったドキュメンタリー映画。
マック赤坂や、外山恒一など、立候補者としていたるところで名を連ねているのに「絶対に当選しない」と全国民に思われているであろう人々の姿を生々しく映像として残した怪作。
選挙立候補までの仕組みや、裏側なども知ることができるのが面白い。
ただ、TVバラエティ色を感じる軽い演出「テロップ」や「滑稽さを前面に押し出してやろう感」がそこはかとなく感じられ、真面目な本人達への製作者の愛が少し足りない点がマイナス。


おわり。

【今日の艦これ】
編成記録実装.jpg
念願の編成記録の登録が実装されたよ!
よく使う編成などは艦隊名も含めてこれで一発チェンジできるようになりました。(装備には適用されず)
4枠以上の拡張には課金が必要になりますが、ひとまずこのまま運用してみます!

Romaとリベ ハロウィン衣装.jpg
また、ROMAとリベッチオに期間限定ハロウィン衣装が実装。
いかにもな魔女っ子なローマと、幼さ全開でキュートなリベッチオ!
そういえば、期間限定イベント衣装、配信終了のタイミングでちゃんと図鑑にも登録されてましたね。
勘違い!

追記:画像リンク切れ直しました。ご指摘感謝^3^)ノ
posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

-チンピラ歩きを会得するロボット- 映画感想『チャッピー CHAPPIE』

浴衣長良&名取.jpg
艦これ夏期間限定の縁日を楽しむ「名取」と「長良」。
ハチマキの日焼け跡なんて気にしちゃいないご様子の、体育会系「長良」可愛い!
風船が係留気球なところも凝ってます。


では、ここ最近見た映画の感想にございます。


チャッピーの.jpg
『チャッピー CHAPPIE』(2015)
監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャルト・コプリー、デブ・パテル、ニンジャ、ヨーランディ・ビッサー、他

【手にとるきっかけ】
監督で。

【粗いあらすじ】
2016年の南アフリカで、世界初となる警察ロボットが配備され、その仕事ぶりは注目を集める。
ロボット開発者のディオンは、新たに自ら考える力を持つAIを作りだすが、現状に満足する上司によってその運用を反対されてしまう。
業を煮やしたディオンは、廃棄処分となる寸前だった一台の警察ロボットを、無断で持ち出しAIを組み込もうとする。
しかし、その道すがらディオンは金儲けを企む3人のギャングによって誘拐されてしまう。
ギャングに脅かされ、また、自らの理想を実現するため、廃棄ロボットはAIを埋め込まれ起動する。
「チャッピー」と名付けられ、赤子同然の心を持つロボットは、創造者であるディオンと、犯罪の手伝いをさせようとするギャング達によって、知能を蓄えていくが・・・。

【感想】
「第9地区」で心を奪われ、「エリジウム」で、・・・おやっ?と肩透かしを喰らわせてくれたニール・ブロムカンプ監督。
もしや「第9地区」は、たまたまのホームランだったのかと、期待と不安半々で見てみましたが・・・。
こいつは大当たりでしたよ!!
人の心と人工知能の対比、SFとしてはそう珍しくはないテーマを扱いつつも、シチュエーションを凝らすことで最後まで興味を持続しながら観ることができました。
まるで子供のように素直なチャッピーを取り巻く、緊迫した状況が上手い!(舞台は「第9地区」と同じヨハネスブルク)
この監督の作品は、アクションやCGも安定感があり、チャッピーをはじめ警察ロボット達の動きも人間と同じ画の中にあっても自然でした。
主人公を目の仇にし、AIを否定するライバル開発者を演じているのが「リアル・スティール」のヒュー・ジャックマンだったり、「エイリアン」で人造人間不信に陥っちゃったシガニー・ウィーバーが脇を固めているのも面白い!
ギャング達もそれぞれ魅力的で役者さんハマってました。
心の有り方を扱いつつも、ありがちなヒューマンドラマに陥らず、先の予測をさせない見事な展開のSF作品。
オススメ!


おわり。


【今日のおすすめロボット映画】
『ロボット』(2010)
インドのスーパースター、ラジニカーント主演の極上エンターテイメントムービー!

『ロボ・コップ』(1987)
バイオレンスアクション映画の金字塔!(金字塔って生まれて初めて使ったんじゃないか)


『ブレードランナー』(1982)
サイバーパンク映画の金字塔。(金字塔って使うの2回目ぐらいかもしれない)

『WALL-E ウォーリー』(2008)
見る度に泣く。

『僕の彼女はサイボーグ』(2008)
綾瀬はるかの胴体を切断とか監督は変態シチュエーション大好きだな!(褒め言葉)

『ジュブナイル』(2000)
切れ味のあったころの山崎貴。

『アイアンマン』(2008)
プロトタイプを作って脱出するところが最高。自作美!

『ゴジラVSメカゴジラ』(1993)
オープニングタイトルが出てくるところまででご飯3杯いける!

『電人ザボーガー』(2011)
バカだけど熱い!バカだけど。

『ショート・サーキット』(1986)
子供の頃、これしか見ていない時期がありました。

『パシフィック・リム』(2013)
これを見て心が震えない男の子にはおちんちんがない。


日本のロボットアニメは数がありすぎるので割愛!
posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。