2016年02月18日

2016に見た映画、ドラマ、アニメ【1】

2016年に見た映像作品を、一言添えてただ並べておくだけの記事です。(主にビデオ)
メモ代わりに一年間こっそり更新され続ける予定。
この中から改めて感想を書くと思います。

『ル・アーヴルの靴みがき』(2012)
監督:アキ・カウリスマキ
3度目ほど、穏やかになれる。

『スキャナー・ダークリー』(2006)
監督:リチャード・リンクレイター
2度目、今見ても新しい映像技術。

『フライト・ゲーム』(2014)
監督:ジャウム・コレット=セラ
初見、中盤までとくに楽しかった。

『ゾンビ/ディレクターズカット版』(1978)
監督:ジョージ・A・ロメロ
ゾンビ毎の演技力の差が激しいな!

『美しき冒険旅行』(1971)
監督:ニコラス・ローグ
心暖まりそうで切なくて。

『ホーリー・マウンテン』(1973)
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
前情報で身構えていたら、中盤以降普通にお話としてとても楽しい。

『スモーク』(1995)
監督:ウェイン・ワン
見るのは4,5度目、寒いうちにみよう。

『チェンジリング』(1980)
監督:ピーター・メダック
お上品なホラー。とても良い。

『ゾンビランド』(2009)
監督:ルーベン・フライシャー
見るのは6度目、はぁ、幸せ。毎回トゥインキーを食べてみたくなる。

『インサイド・ヘッド』(2015)
監督:ピート・ドクター
私にもビンボンがいたのかもしれないとみんなに思わせる。素晴らしい!

『リンカーン・秘密の書』(2012)
監督:ティムール・ベクマンベトフ
映画館で見たので2度目。もう見なくてもいいけど楽しんだ。

『ゼイリヴ』(1988)
監督:ジョン・カーペンター
主人公が脳筋すぎるね!設定が楽しい。

『西遊記 はじまりのはじまり』(2013)
監督:チャウ・シンチー
楽しい西遊記だと思って子供に見せるとトラウマになります。続き超見たい!

『アベンジャーズ/エイジオブウルトロン』(2015)
監督:ジョス・ウェドン
ここにきてシリーズ最高傑作を出してきたジョス・ウェドン恐るべしーーー!

『7500』(2014)
監督:清水崇
呪怨的なものを期待すると、期待したまま終わる。ソウイウコトカー。

『セッション』(2015)
監督:デイミアン・チャゼル
鬼教師役にJ・Kシモンズをキャスティングした時点で面白さは約束されていたんだ!




posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする