2015年10月23日

最近みた映画

ここ最近みた映画を、あらすじ等を省略して簡単な感想だけで紹介!


『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)
監督:ジョージ・ミラー
出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ヒュー・キース=バーン、他

【感想】
映画館で。
終始ハイテンションな世界を主人公マックスと共に走り抜けるこの幸せ!
心に残るシーンの連続!!
ああ、幸せだ。こういう体験をしたくて私は映画をみているのだ!!
今年一番面白い映画はこれで決まり!!(暫定)
暴力的な世界に純白の妊婦たちとマックスいう鮮烈なイメージもイイネ!
70歳、ジョージ・ミラー恐るべし!
女隊長を演じるシャーリーズ・セロンのワイルドかつ可憐な美しさも見所!
・シリーズを好きな順番で並べると
『マッドマックス 怒りのデス・ロード(100万点)』
『マッドマックス2(この作品あってこそ!)』
『マッドマックス(メル・ギブソンの乳首は綺麗なピンク)』
『マッドマックス/サンダードーム(一番下だからとて嫌いなわけではない)』


『ジュラシック・ワールド』(2015)
監督:コリン・トレボウ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、他

【感想】
映画館、3Dで。
初代リスペクトを感じる脚本で、主役の恐竜たちもいっぱい出るよ!
テーマ・パークとしてしっかりと営業している姿を見られるのもシリーズファンとしてはテンションの上がるところ。(恐竜たちもエサがいっぱいで嬉しそうです)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』以来大好きなクリス・プラットも役にハマっていました。
予想は上まらなかったけど、十分楽しめる一本。
コメディ要素も結構あるんだけど、どれもとくに笑えなかったのは監督のセンスかもしれませんね。
最新の映像技術で、初代では動かすのが難しかった翼竜、海竜も活き活き!
モササウルス最高!
・シリーズを好きな順番で並べると
「ジュラシック・パーク(全てに無駄がないパーフェクトムービー)」
「ジュラシック・ワールド(恐竜VS狂竜)」
「ジュラシック・パークV(サム・ニールの乳首は真っ黒(妄想))」
「ロスト・ワールド(鉄棒してれば恐竜もまわって蹴飛ばせるぜ)」


『ターミネーター:新起動 ジェニシス』(2015)
監督:アラン・テイラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク、他

【感想】
映画館で。
まさかシュワルツェネッガーが、まったく同じターミネーター役で出るとは!
完全にシリーズを見ている事が前提な作りで、セリフ回しやカメラアングルも過去作のものを再現したシーンになっていたり、感動です!
逆に言えば初見の人は置いてけぼりで、意味の分からないシーンが多いかもしれません。
脚本はシュワルツェネッガーを登場させるためか、設定に無理ありすぎ!
サラ・コナーはリンダ・ハミルトンが演じてこそとも思ってしまう。
ラスボス的な存在も、何でもありな強さで、後期のドラゴンボール並の戦いになっちゃってるよ!
中盤まではオススメ。
タイムパラッドクスを駆使して、シリーズを一旦リセットしようという試みは面白くて良かった。
あと、字幕版で見たんだけど、ターミネーター(というかシュワちゃん)のお馴染みの台詞「I'll be back」を「アイルビーバック」とカタカナで表記するのやめてください恥ずかしい!!
もしや吹き替えでも「あいるびーばっく」と言わせてるんじゃないでしょうね!?
新シリーズ3部作の第一弾らしいので、次に期待したい。
・シリーズを好きな順番で並べると
『ターミネーター2(サラが精神病院で顔舐められるシーンとかサラがかっこよく銃に弾装かっこむシーンとかサラがry)』
『ターミネーター(カーチェイスシーンは今見てもドキドキ)』
『ターミネーター4(バットマンじゃない方のクリスチャン・ベール)』
『ターミネーター:新起動/ジェニシス(シュワちゃんの乳首はマシュマロのように柔らかい(希望的観測))』
『ターミネーター3』(女ターミネーターが裸でワープしてくるところ撮りたかっただけちゃうんかと)


『アントマン』(2015)
監督:ペイトン・リード
出演:ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール

【感想】
映画館、3Dで。
「アベンジャーズ」等でお馴染みの、マーベル最新作!
体を自在に縮小することの出来る一風変わったスーパーヒーローのお話。
これまでの「アイアンマン」や「スパイダーマン」などと比べると、個人ではなくアントマンを中心としたチームとしての物語が描かれているところが特徴で、好きな部分でもありました。
脚本に携わっているのが、バディ(相棒)物の傑作「ショーン・オブ・ザ・デッド」や「ホット・ファズ」を監督したエドガー・ライトということも大きく影響しているんじゃないでしょうか!
コメディ要素も豊富で、劇場内が笑いで包まれていたよ!
アクションもスピーディで爽快。
身長が伸び縮むすることで一変する世界と、3Dの相性が抜群で見ている間ずっと幸せでした!!
世界観が繋がっているので、「キャプテン・アメリカ」等、「アベンジャー」関連の映画を見ておくと、楽しめるポイントがちょっと増えます。


おわり。
posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする