2015年06月02日

〜オチを語りたくなるか否か〜映画感想『ゴーン・ガール』

生まれて初めて、天ぷらのアイスを食べました。
熱いのに冷たい、なにこの不思議な食感!
アイスモナカみたいで美味しかったです♪(アイスをアイスで例える人)




ゴーン・ガールの.jpg
『ゴーン・ガール』(2014)
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、他

【きっかけ】
新作は見ないといけない系監督

【あらいあらすじ】
一見幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。
しかし、結婚五周年記念となる日に、突如エイミーが自宅から失踪する。
ニックの通報を受けて現場を訪れた警察は、その不自然な痕跡をみて、夫であるニックに疑いをかける。
ニックはエイミーの両親とメディアを通じて行方の情報を求めるが、不用意な応対や明らかにされる不義の数々に、警察だけでなく世間からも犯人なのではと疑いをかけられだすニック。
追いつめられたニックは、ヒントとして自宅に残されたメモを追ううち、妻であるエイミーにこそ秘密があるのではと思い始め・・・。

【ちょい感想】
サスペンス、ミステリーとして非常に面白い!
序盤は、あれよあれよと状況を悪くしていくニックに「おまえどんだけダメなやつなんだよう。(笑)」と、呆れながらも楽しんでみていました。
巻き込まれ型主人公の似合うベン・アフレックが、ダメダメ夫を好演!

しかし、事件の真相を妻のエイミー視点から語られ始めると、これまでバラバラになっていた情報の数々が綺麗にまとめられ、恐ろしさと共に引き込まれていきます。
当初、完璧にみえた犯罪の計画が、思わぬきっかけによって、先の見えない危うい状況に陥るところにハラハラしどおし!
エイミー役のロザムンド・パイクはあまり知らなかったのですが、こちらも知的でありながらも脆さもある妻を印象的に演じています。

上映時間が2時間半近くあるので、少し長く感じるものの、次々と変わっていく場面展開に最後まで結末を予想しながら視聴できました。

デヴィッド・フィンチャーのサスペンスorミステリー物というと、
僕らのトラウマ『セブン』(1995)。
好き嫌いは別として結末について語りたくなる映画ナンバー1の『ゲーム』(1997)。
暗い色調の実録物サスペンス『ゾディアック』(2007)。
など、大好きな映画ばかりなのですが、『ゴーン・ガール』もそれらの中に並んで差し支えのないオススメ作品だと思うます!


おわり。

【今日の一言】
水曜プレミア終わってたのか・・・。
posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする