2014年04月27日

艦これ日記他

今回は艦隊これくしょん日記。
艦隊これくしょんというのは萌えブラウザゲームです。

さて、艦これサービス1周年を迎えたということらしいです。
私自身はサービス開始から3ヶ月ほど経過してから始めたので、9ヶ月記念ぐらいです!

そういえば、私が艦これを知ったきっかけはなんだったっけ〜。
よく覚えてないけど、多分イラストで艦これ関連のものを見たのが最初のとっかかりだったような。そんな気がする!
というわけで、試しに私がフォルダにクリップしていた艦これ関連の静画を古い順に並べてみました。
んで、出てきたのがコチラのイラスト。

ややややっぱりむっちゃん!
まったく忘れていたけど、一番最初にクリップしたイラストの艦娘さんが、今のケッコンカッコカリ相手だったとは、これは運命だったんじゃないかと一人PCの前で興奮する私!(可哀想なものを見るような目をやめるんだ、君!)
ちなみに艦これ関連のイラストは現時点で1500枚ほどクリップしてました。
クリップしただけで満足して大抵は見返さないんですけどね。

さてさて、1周年に合わせて春イベントが開催です!
季節ごとにあるこの攻略イベントのために、普段レベル上げや資源稼ぎを頑張っている提督さんも多いんじゃないかと思います。
大型イベントらしく、新しい艦娘さんもゲッチュできるので、私もここは踏ん張りどころ!

というわけで、攻略日記!
攻略日記といっても、具体的な攻略法は書きませんので、そういう情報を求める方は攻略ページとかを探してください!



まずはE-1エリア。
編成と索敵値を満たせば、運に頼らず確実にボスマスまでいけるので比較的楽です。
ただ、これまでのイベントに比べると最初のエリアから難しく感じました。

クリア時のスクショ
e-1むっちゃん.jpg

何度か中途撤退はあったものの、約20回ぐらいの挑戦でクリア。
アイラブむっちゃん(陸奥)が華麗にクリティカルでトドメを刺してくれたよ!
「あらあら、お姉さん美味しいところもらっちゃった?」


続いてE-2エリア。
みんな大好き夜戦マスがあるので、かなりの運ゲーになります。
とにかく、運の部分を試行回数で乗り切るしかありませんね!
新仕様の昼戦連撃を上手に使えば勝率アップ。

E-2クリア時のスクショ
E-2とっぱもが.jpg

「ボクの火力でだってやれるんだ!」
もがみん(最上)のクリティカルでボーイッシュクリア!
航巡達は入手するのが遅かったので、あまり育っていなかったのですが、このレベルでも十分活躍してくれました。
画面には写っていませんが、50台の鈴谷でも十分通用しました。
大事なのは装備だと思います。



さらにさらにE-3。
ルートを固定できるのでE-2よりずっと楽。
なんですが、攻略に必要な娘さん達は燃費のかかる子ばかりなので、資材がモリモリ減っていきます!
イベントまでにきっちり備蓄できていたかが、勝負の分かれ目!
私は各資材3万前後しかなかったので、けっこう胃に悪かったです。(笑)
ちなみにキラ付けはめんどくさいのでやってません!(演習で単艦の方がいればラッキーぐらいで)

クリア時のスクショ
E-3こんごーげきは.jpg

ここではレベルを上げも兼ねてビスマルクを旗艦に、霧島を除いた金剛型を中心に、赤城と加賀で固めています。
大飯喰らいが揃っていますね!
最後の一撃は、金剛お姉さまが港湾棲姫の顔面に三式弾ぶち込んでのKO。
「妹を泣かせる子は許しまセーン!」



まだまだいくぞE-4!
こちらもルート固定なので比較的楽でした。
とくに駆逐艦を4隻以上含む構成がメインなので、資材の消費が少なくて済むのが魅力。
ボス前マスがキツイので、中途撤退が多くなりますが、気軽に回数をこなせるのでクリアは楽な部類だと思います。

クリア時のスクショ
E-4いすずでとっぱ.jpg

島風、雪風のハイスペック駆逐艦二人とむっちゃん。
対潜のエキスパートとして五十鈴と、個人的に好きな潮ちゃんと長波で固めてみました。
トドメは五十鈴の三式爆雷でドッカーン!
「五十鈴が一番?バカね、当然じゃない。」

というわけで、攻略済みはここまで。
現在は鬼畜なE-5を進めています。
あまりの難易度に心が折れそうですが、いけるとこまで踏ん張ってみます!

おわり。


【今日の約3行プチ映画感想】
『マン・オブ・スティール』
スーパーマンを上手に現代風アレンジ
空を舞台にした超人ファイトの表現が見事で、これはスーパーマンじゃないと出来ない素材
ちょっとパパが前に出過ぎだった

『ウルヴァリン-SAMURAI-』
日本が舞台のスピンアウト作品
一部の不自然な日本語で冷めてしまうので、日本人じゃない方が楽しめる?
あの新幹線500KMぐらい出てるんじゃないの

『噂のギャンブラー』
娯楽作品でありヒューマンドラマであり
見た後すっきりできる
傑作

『ソハの地下水道』
地下生活の描写が秀逸
暗がりでの性交の滑稽ともいえる姿が生きることへの必死さを感じさせる
傑作

『宇宙人 王さんとの遭遇』
設定がおもしろくて序盤とくに良い
でもなんだよこのオチ
なんだよこのオチ

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説THE MOVIE』
ウルトラの戦士達は実はジェダイの騎士だったんだね!
僕らの知ってるウルトラマンじゃないけどこのスピード感溢れるバトルは見もの
知ってる怪獣は無数に出るけどほぼ雑魚扱いなのが残念

『ポゼッション』
オカルトホラーに派手なアメリカン演出をほどよくトッピング
蛾とか苦手な方は要注意
パパは強し

『フライト』
酒は飲んでも呑まれるな
ダメだこのおっちゃん
ダメだけどよかった

『ザ・デイ』
どうしてこんなことになったんでい
舞台は壮大なのに描かれるのは小規模な争いでい
すかっとするオチでいい

『クラウド・アトラス』
現代でここまで真面目にSFを描けるのは素晴らしい
よそ見すると置いてけぼりを食らいそうになるくらい色々詰まっている
ソイレント・グリーンはどんな味

追記:前回の投稿の日付が間違っていたので修正しました!指摘してくれた4名の方ありがちょー!
posted by コケシ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。