2016年06月28日

リアル呪いに注意!映画感想『劇場霊』

書きかけで半年以上放置していたものを満を持して投稿!(忘れてただけデス)

『劇場霊』(2015)
監督:中田秀夫
出演:島崎遥香、足立梨花、他


【きっかけ】
東京ディズニーランドのお膝元、舞浜駅近くのイクスピアリ内の映画館「シネマイクスピアリ」で観ました。
さすが夢と魔法の王国の領内!
16スクリーンもあるシンメトリックで大層素敵な劇場でした。
そんなファンタジックな空間で、どす黒そうなホラーを見ようと思い立つ悪ノリ。

【あらいあらすじ】
自らのキャリアのステップとなる大きな舞台劇へと挑戦をする若手女優「水樹沙羅(島崎遥香)」。
本番へ向け稽古が進んでいくが、美術の小道具として運び込まれた美しい一体の美しい人形の周囲では怪異が起き始める・・・。
詳しくは公式HPとかで。

【感想】
監督の中田秀夫は、『リング』はもちろん、タイトル的にも似ている『女優霊』を撮っていて、どちらも恐怖におののいた思い出がある身として、期待に背筋を凍らせながら開演を待ちました。

結論からいうと、大型の遊園地にあるストーリー式お化け屋敷みたいな映画でした!
怖いところも大いにあるんだけど、どうもチープに感じて首を捻りたくなってしまう部分もありました。
とくに音楽とライティングが顕著で、「ア〜ア〜♪」という女性コーラスが主体になったBGMや、一番怖い瞬間をデーンと青っぽいライトで演出したり。
あえてなのかもしれませんが、昭和のお昼の恐怖ドラマ、お化け屋敷感が強すぎて、映画でこれやらなくてもいいのではと思ってしまいます。

途中まではリングのように呪いを解く方法を探して奔走するのだが、終盤近くで「いやもうこれ霊とかじゃないよ、なんか得体の知れないもんだよ!」的なことを宣言!
心霊映画の皮と謎解きを投げ捨てて、モンスター映画へと強引に移る展開はとても好きで、「おお、そうきたかい!やったれやったれ!皆殺しじゃ!」と、身を乗り出した瞬間でした。
日本でモンスター映画を成立させてやろうというスタッフの意気込みを感じました!
ただまぁ、こんな展開にするなら『劇場霊』というタイトルで見にきた人はコレジャナイと感じても仕方ない思いますが。
前述したように『戦慄!劇場人形の恐怖!!』のような、お化け屋敷的な題が似合いそう。

主演(?)のお人形さんは、暗がりの中に浮かび上がる綺麗なお顔がとてもよろしくて、存在感がありました。
肝心の襲いかかるシーンで動きが入るとイマイチ怖さ軽減なのが悲しいところです。

役者陣はハマっていて、島崎遥香のナチュラルに眉根を寄せた顔が、才能はあるのに機会に恵まれない若手女優の役柄にベストマッチでした。

「リング」や「呪怨」などのJホラーとは違う、和製怪物映画としてならほどほどにオススメです。
期待しないで見よう!

ところで・・・。
私が見た回では観客は10人ほどだったのですが、見終わった後に学生とおぼしき女の子二人が、「なんか頭が痛い。」を連呼していて、とても怖かったです。
一人なら分かるけど二人同時に・・・?
もし、ビデオなどで見る方は念のため盛り塩を用意しておきましょう!


おわり。

【今日の劇場マナー】
個人的にはタバコをくわえてる方の怖がり(驚き)方がリアルで一番ですね!
posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

『御城プロジェクトRE』をやっている。

tmp_9509-Screenshot_2016-06-24-02-09-281660412952.jpg

最近というか、ここ最近やってる基本無料アンドロイドゲー!
以前『御城プロジェクト』という名前でPC用のブラウザゲームとしてリリースされていたのですが、正直評判はいまひとつ。
私も2週間ほどプレイしてやめていたわけなんですが。
実はその後、さらなるゲーム性向上のために一時サービスを停止して、1から「御城プロジェクトRE」として、再スタートしていたらしい。
しかも、6月に入ってからアンドロイド版が開始していたらしいということを知りプレイしてみたら、ちょっぴりハマり始めているというのが、ここ1週間のお話。

ゲームの内容としては、艦これをパク・・・に、似たようなもので、日本全国のお城を女の子として擬人化した存在「城娘」たちを、ゲームを進める中で集めていき、ステージをクリアしていくという感じ。
基本は、マップに配置されたプレイヤーの分身となる「殿」に向かってくる敵「兜」と呼ばれる存在から守るために、マップ上のマス目に「城娘」を上手に配置して撃退していくというもの。
リアルタイムの自分の操作が大きく介在する点で、艦これよりもゲーム性は遙かに高くなっています。

tmp_9509-Screenshot_2016-06-24-02-11-32-1080602896.jpg
ゲーム画面。
このマップの場合は、右上付近に白いコの自に囲まれた本陣に立っているのが「殿」。
あらゆる場所からワラワラと湧いて「殿」に向かってくる「兜」達の動きを読み、狭い道に近距離に強い刀装備の「城娘」を配置したり、敵を見渡せる高台に、銃や弓矢を使う「城娘」を待ち構えさせたりします。
一定時間耐えきればステージクリア。
「城娘」によっては、左下に並んでいるような計略を使って戦いを有利に進められるので、より戦略的に遊ぶことができます。
時間とともに徐々に増えていく「気力」を上手に振り分けながら配置や計略使用をしなければならず、これがまた悩ましく楽しい。

tmp_9509-Screenshot_2016-06-24-02-16-271962962345.jpg
メインとなる「城娘」達の姿も大きな魅力の一つ。
この娘は「鬼ヶ城」ということで、鬼を模したような衣装になっていますね。
どうしても比べてしまう「艦これ」にはない要素として。

Screenshot_2016-06-22-21-56-55.jpg
拠点では普段着の「御嬢」姿があったりもします。
その他にもお約束の「大破」、「特技」発動時など計4種類もイラストが用意されています。
戦闘中はドット絵で戦う姿が見られたりと、目でも大いに愛でられる!

Screenshot_2016-06-23-23-38-05.jpg
個人的にお気に入りなのが、福島の「会津若松城」。
大河ドラマの『八重の桜』などでも有名になった、桜色の可愛らしい城娘さん。
地元愛で育てる城娘を選ぶのもいいかもしれませんね!
実際の「会津若松城」も赤瓦葺が映える美しいお城です。

Screenshot_2016-06-23-10-18-38.jpg
こちらも艦これにない要素として、好感度を上げることで城娘ごとのエピソードを見ることができます。
お城そのものの情報や、歴代の城主、トリビアネタなどを織り交ぜつつ、より城娘たちの魅力を掘り下げてくれます。
可愛いな会津若松城ちゃん!

tmp_9509-Screenshot_2016-06-24-02-15-54-951686946.jpg
まだ1週間ほどしか遊んでいませんが、もちっと続けてみようと思います。
スタミナの関係上、合計しても一日30分以内のプレイ時間に収まるのもお手軽でいいところ。


おわり。
posted by コケシ at 00:00| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする