2016年11月16日

映画感想『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』


頻繁な更新を目指して、あらすじ等を絞って感想に入れ込み、簡略化させていきますよ!
単純に私の面倒な部分を無くしてくだけです!



『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』(2015)
監督:橋本昌和
出演:矢島晶子、坂本真綾、平田広明、ほか

【感想】
一言で内容を表すと、「もし、野原一家がモンスター映画の世界に紛れ込んだら?」です!
父ちゃんのお仕事の都合で、メキシコへとお引越しすることになったしんちゃん達が、その地で未知の生命体との、未曽有のサバイバルバトルに巻き込まれます!

これ、なんとなくのイメージではなく、間違いなく意識して作られている部分です。
無限に増殖する人食いモンスターを、生き残った個性的なメンツと共に、知恵を絞って切り抜けていく展開。
ゾンビ映画はもちろん、「トレマーズ」や「ミスト」「遊星からの物体X」「アーネスト」シリーズなどなどへのオマージュを随所に発見できます。
逃げ延びる中で生態や弱点を発見し、反撃にうつるなんて流れは完全にこの手のモンスターパニックのお約束ですからね!

もちろん、「クレヨンしんちゃん」ですから、基本はギャグですけども!
ハイテンションな笑いはもちろんですが、間の取り方なんかも絶妙で大人だからこそ笑える部分も大いにあると思います。
個人的に好きなアニメーション監督の湯浅政明が原画や絵コンテで参加しているのもポイント高し。
ダイナミックな動きとアクションシーンを堪能できます。

舞台を海外へ移すことで、シリーズでお約束となっていたお友達のマサオ君達をはじめとするTVアニメのレギュラーメンバーを、本筋から完全に切り離し、主役を野原一家のみに絞っていることでいつも以上に物語の密度をあげることも成功の一因かなと思います。
もちろん、春日部メンバーをないがしろにするわけではなく、別れのシーンで勢ぞろいで胸を打ってくるんですよ!(開始10分でウルウルさせられるとは)
ネタバレになるのであまり詳しくも言えませんが、終盤の一番盛り上がるところで、かすかべ防衛隊との絆が活きてくるところもイイんです!
アソコのアノシーンで前半で出てきたアレが活躍するんだと「ハッ」と思い到った瞬間、私の涙腺がアレしました。ナニって崩壊です。

メキシコに移ると、しんちゃん以外の主要な子供キャラが一切出てこないところも、焦点を絞っていていい部分だと思います。
大人たちが口論をはじめると「喧嘩してるの?」と、まっすぐな瞳で問いかけてくるところも、いつもお気楽に見えるしんちゃんのナイーブな部分を感じられて抱きしめたくなります!
あと、シロがすごく可愛いしかっこいい。影の苦労人(犬)。
映画の冒頭で、妻と幼い子供達を異国の地メキシコへつれていくことに逡巡し、単身赴任しようとする、ひろしと、共に話し合って決めようと諭す、みさえのやりとりも泣かせます。

また、今作はしんちゃんよりも、周りの大人たちの成長を描いている作品でもあります。
気弱なプロレスラーや、我を通そうとする町長が、心と心のぶつかりあいの果てに、みんなのため立ち上がる姿を見ると胸が熱くなります。
「しんちゃん」というキャラクターは、ある意味「成長してはいけない完成された存在」でもあるので、TVアニメの映画化としてゲストにその役目を持たせるのはより正しい姿勢なのかもしれません。

笑って笑ってハラハラして笑って、時には泣けちゃう、そんなしんちゃん映画らしい、シリーズ中でもとくによく出来た一本!
オススメ!

あ、これは、クレしん映画シリーズ全体への不満なんですが、毎回その時々の売れてる芸人ネタを入れるのやめてほしいです。
今さら「ダメよぉ〜ダメダメ」なんて見せられても切なくなっちゃうっ!(笑)
20年後ぐらいに見ると一周まわって懐かしめるのかな。


おわり。

posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

リアル呪いに注意!映画感想『劇場霊』

書きかけで半年以上放置していたものを満を持して投稿!(忘れてただけデス)

『劇場霊』(2015)
監督:中田秀夫
出演:島崎遥香、足立梨花、他


【きっかけ】
東京ディズニーランドのお膝元、舞浜駅近くのイクスピアリ内の映画館「シネマイクスピアリ」で観ました。
さすが夢と魔法の王国の領内!
16スクリーンもあるシンメトリックで大層素敵な劇場でした。
そんなファンタジックな空間で、どす黒そうなホラーを見ようと思い立つ悪ノリ。

【あらいあらすじ】
自らのキャリアのステップとなる大きな舞台劇へと挑戦をする若手女優「水樹沙羅(島崎遥香)」。
本番へ向け稽古が進んでいくが、美術の小道具として運び込まれた美しい一体の美しい人形の周囲では怪異が起き始める・・・。
詳しくは公式HPとかで。

【感想】
監督の中田秀夫は、『リング』はもちろん、タイトル的にも似ている『女優霊』を撮っていて、どちらも恐怖におののいた思い出がある身として、期待に背筋を凍らせながら開演を待ちました。

結論からいうと、大型の遊園地にあるストーリー式お化け屋敷みたいな映画でした!
怖いところも大いにあるんだけど、どうもチープに感じて首を捻りたくなってしまう部分もありました。
とくに音楽とライティングが顕著で、「ア〜ア〜♪」という女性コーラスが主体になったBGMや、一番怖い瞬間をデーンと青っぽいライトで演出したり。
あえてなのかもしれませんが、昭和のお昼の恐怖ドラマ、お化け屋敷感が強すぎて、映画でこれやらなくてもいいのではと思ってしまいます。

途中まではリングのように呪いを解く方法を探して奔走するのだが、終盤近くで「いやもうこれ霊とかじゃないよ、なんか得体の知れないもんだよ!」的なことを宣言!
心霊映画の皮と謎解きを投げ捨てて、モンスター映画へと強引に移る展開はとても好きで、「おお、そうきたかい!やったれやったれ!皆殺しじゃ!」と、身を乗り出した瞬間でした。
日本でモンスター映画を成立させてやろうというスタッフの意気込みを感じました!
ただまぁ、こんな展開にするなら『劇場霊』というタイトルで見にきた人はコレジャナイと感じても仕方ない思いますが。
前述したように『戦慄!劇場人形の恐怖!!』のような、お化け屋敷的な題が似合いそう。

主演(?)のお人形さんは、暗がりの中に浮かび上がる綺麗なお顔がとてもよろしくて、存在感がありました。
肝心の襲いかかるシーンで動きが入るとイマイチ怖さ軽減なのが悲しいところです。

役者陣はハマっていて、島崎遥香のナチュラルに眉根を寄せた顔が、才能はあるのに機会に恵まれない若手女優の役柄にベストマッチでした。

「リング」や「呪怨」などのJホラーとは違う、和製怪物映画としてならほどほどにオススメです。
期待しないで見よう!

ところで・・・。
私が見た回では観客は10人ほどだったのですが、見終わった後に学生とおぼしき女の子二人が、「なんか頭が痛い。」を連呼していて、とても怖かったです。
一人なら分かるけど二人同時に・・・?
もし、ビデオなどで見る方は念のため盛り塩を用意しておきましょう!


おわり。

【今日の劇場マナー】
個人的にはタバコをくわえてる方の怖がり(驚き)方がリアルで一番ですね!
posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

『御城プロジェクトRE』をやっている。

tmp_9509-Screenshot_2016-06-24-02-09-281660412952.jpg

最近というか、ここ最近やってる基本無料アンドロイドゲー!
以前『御城プロジェクト』という名前でPC用のブラウザゲームとしてリリースされていたのですが、正直評判はいまひとつ。
私も2週間ほどプレイしてやめていたわけなんですが。
実はその後、さらなるゲーム性向上のために一時サービスを停止して、1から「御城プロジェクトRE」として、再スタートしていたらしい。
しかも、6月に入ってからアンドロイド版が開始していたらしいということを知りプレイしてみたら、ちょっぴりハマり始めているというのが、ここ1週間のお話。

ゲームの内容としては、艦これをパク・・・に、似たようなもので、日本全国のお城を女の子として擬人化した存在「城娘」たちを、ゲームを進める中で集めていき、ステージをクリアしていくという感じ。
基本は、マップに配置されたプレイヤーの分身となる「殿」に向かってくる敵「兜」と呼ばれる存在から守るために、マップ上のマス目に「城娘」を上手に配置して撃退していくというもの。
リアルタイムの自分の操作が大きく介在する点で、艦これよりもゲーム性は遙かに高くなっています。

tmp_9509-Screenshot_2016-06-24-02-11-32-1080602896.jpg
ゲーム画面。
このマップの場合は、右上付近に白いコの自に囲まれた本陣に立っているのが「殿」。
あらゆる場所からワラワラと湧いて「殿」に向かってくる「兜」達の動きを読み、狭い道に近距離に強い刀装備の「城娘」を配置したり、敵を見渡せる高台に、銃や弓矢を使う「城娘」を待ち構えさせたりします。
一定時間耐えきればステージクリア。
「城娘」によっては、左下に並んでいるような計略を使って戦いを有利に進められるので、より戦略的に遊ぶことができます。
時間とともに徐々に増えていく「気力」を上手に振り分けながら配置や計略使用をしなければならず、これがまた悩ましく楽しい。

tmp_9509-Screenshot_2016-06-24-02-16-271962962345.jpg
メインとなる「城娘」達の姿も大きな魅力の一つ。
この娘は「鬼ヶ城」ということで、鬼を模したような衣装になっていますね。
どうしても比べてしまう「艦これ」にはない要素として。

Screenshot_2016-06-22-21-56-55.jpg
拠点では普段着の「御嬢」姿があったりもします。
その他にもお約束の「大破」、「特技」発動時など計4種類もイラストが用意されています。
戦闘中はドット絵で戦う姿が見られたりと、目でも大いに愛でられる!

Screenshot_2016-06-23-23-38-05.jpg
個人的にお気に入りなのが、福島の「会津若松城」。
大河ドラマの『八重の桜』などでも有名になった、桜色の可愛らしい城娘さん。
地元愛で育てる城娘を選ぶのもいいかもしれませんね!
実際の「会津若松城」も赤瓦葺が映える美しいお城です。

Screenshot_2016-06-23-10-18-38.jpg
こちらも艦これにない要素として、好感度を上げることで城娘ごとのエピソードを見ることができます。
お城そのものの情報や、歴代の城主、トリビアネタなどを織り交ぜつつ、より城娘たちの魅力を掘り下げてくれます。
可愛いな会津若松城ちゃん!

tmp_9509-Screenshot_2016-06-24-02-15-54-951686946.jpg
まだ1週間ほどしか遊んでいませんが、もちっと続けてみようと思います。
スタミナの関係上、合計しても一日30分以内のプレイ時間に収まるのもお手軽でいいところ。


おわり。
posted by コケシ at 00:00| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

2016に見た映画、ドラマ、アニメ【1】

2016年に見た映像作品を、一言添えてただ並べておくだけの記事です。(主にビデオ)
メモ代わりに一年間こっそり更新され続ける予定。
この中から改めて感想を書くと思います。

『ル・アーヴルの靴みがき』(2012)
監督:アキ・カウリスマキ
3度目ほど、穏やかになれる。

『スキャナー・ダークリー』(2006)
監督:リチャード・リンクレイター
2度目、今見ても新しい映像技術。

『フライト・ゲーム』(2014)
監督:ジャウム・コレット=セラ
初見、中盤までとくに楽しかった。

『ゾンビ/ディレクターズカット版』(1978)
監督:ジョージ・A・ロメロ
ゾンビ毎の演技力の差が激しいな!

『美しき冒険旅行』(1971)
監督:ニコラス・ローグ
心暖まりそうで切なくて。

『ホーリー・マウンテン』(1973)
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
前情報で身構えていたら、中盤以降普通にお話としてとても楽しい。

『スモーク』(1995)
監督:ウェイン・ワン
見るのは4,5度目、寒いうちにみよう。

『チェンジリング』(1980)
監督:ピーター・メダック
お上品なホラー。とても良い。

『ゾンビランド』(2009)
監督:ルーベン・フライシャー
見るのは6度目、はぁ、幸せ。毎回トゥインキーを食べてみたくなる。

『インサイド・ヘッド』(2015)
監督:ピート・ドクター
私にもビンボンがいたのかもしれないとみんなに思わせる。素晴らしい!

『リンカーン・秘密の書』(2012)
監督:ティムール・ベクマンベトフ
映画館で見たので2度目。もう見なくてもいいけど楽しんだ。

『ゼイリヴ』(1988)
監督:ジョン・カーペンター
主人公が脳筋すぎるね!設定が楽しい。

『西遊記 はじまりのはじまり』(2013)
監督:チャウ・シンチー
楽しい西遊記だと思って子供に見せるとトラウマになります。続き超見たい!

『アベンジャーズ/エイジオブウルトロン』(2015)
監督:ジョス・ウェドン
ここにきてシリーズ最高傑作を出してきたジョス・ウェドン恐るべしーーー!

『7500』(2014)
監督:清水崇
呪怨的なものを期待すると、期待したまま終わる。ソウイウコトカー。

『セッション』(2015)
監督:デイミアン・チャゼル
鬼教師役にJ・Kシモンズをキャスティングした時点で面白さは約束されていたんだ!


オープン!
posted by コケシ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

ここ最近やってるゲームさん

ここ最近ですが、PS4の『フォールアウト4』をよく遊んでいますよ!!
早速、感想的なもんを。


『FallOut4』(2015)
開発:ベセスダ・ゲームスタジオ

【大まかなあらすじ】
2077年。
突如として世界を覆い尽くした核の炎。
主人公と妻(又は女主人公と夫)、そして、生まれたばかりの赤ん坊は、付近に設置され居住登録されたばかりの地下核シェルター施設「Vault111」へと、あわやというところで逃げ込む。
一家は、共に駆けこんできた人々と共に、Vault内での避難生活を送るつもりでいたが、指示されるがままに入ったカプセルによって冷凍睡眠にされてしまう。

×××年後。
朦朧とする意識の中で目覚めた主人公は、眼前のカプセルに入った妻(又は夫)の手から、赤ん坊を奪い、それを阻止しようとする妻(又は夫)を撃ち殺す男の姿を目撃する。
悪夢のような光景を目にしつつも、主人公はカプセルによって再び永い眠りへとつかされてしまう。

それから×××年。
主人公は、カプセルのエラーにより、永い眠りから強制的に覚醒する。
妻(又は夫)を含めて全ての人々が息絶えたVault111から脱出し、ついに地上へと辿りつく。

しかし、そこは核戦争によって文明というものが崩壊した、210年後の世界だった・・・。


【ゲーム内容】
どこまでも広がるオープンワールドを舞台にしたRPG。
核により荒廃した世界を自由に歩き回りながら、連れ去られた赤ん坊の行方を追っていくのがメインクエストとなっている。
メインとは関係の無いサブクエストも無数に用意されており、全てを併せると膨大なボリュームとなる。
核戦争を生き延びた数少ない人類は、それぞれの勢力に属しており、プレイヤーはどちらか一方、又はその全てに関わり、この世界の全貌を知っていくことになる。

戦闘は一人称、又は三人称視点を選びながら、ピストルやマシンガンのような銃火器、バットやナイフといった近接武器を使って進めて行く。
リアルタイムでの戦闘はもちろんだが、時間を極端に遅らせることで、コマンド式RPGのように攻撃部位を選択しつつ攻撃が出来る「V.A.T.S.(バッツ)」と呼ばれるシステムがあることで、FPSが苦手なプレイヤーも遊べるようになっている。

4作目となる今作では、従来のアイテム製造に加えて、活動の拠点となる集落を思いのままにデコレーション出来るクラフトシステムが追加。


【感想】
私がこれまでの人生で一番面白かったゲームを一本あげるとすれば、PS3の『フォールアウト3』と言わざるを得ないというのは、誰もが知らないことだとは思いますが、実はそうなんですよ!
奥深いシステムと、圧倒的な世界観。
プレイヤーにゆだねられた自由度と、それを受け入れてくれるボリューム!
正直、フリーズしまくるゲームなんだけど、それもやむなしかと許してしまうほどの面白さを持っているのが『フォールアウト3』なんですね。
その正統なナンバリングタイトルのついた『フォールアウト4』が今作というわけですから、期待しないわけにはいきません。

で、結論から言いますと。
「しっかりと続編で良かったーーーーー!!」
と言った感じです!

基本システムを踏襲しつつも、「よく出来ていた3の、それでも悪かった部分の多く」をしっかりと改善。
その上で、クラフトなどの新しいシステムも丁寧に作られていて、正統進化のお手本のような作品になっていると思います。
3では当たり前のようにあったフリーズも、少なくとも1周するまで一度もありませんでした。(笑)

【とくに良かった点】
・グラフィック
単純に綺麗になって幸せ。

・キャラメイク
上と似ているけど作り込む楽しみが増えた。

・ゲーム内できけるラジオ
クラシックチャンネルが幸せ。荒廃した世界とクラシックは相性がイイ。

・拠点作り
メインストーリーをほっぽりだして夢中になれる楽しさ。

・仲間
戦闘や不慮の事故(落下死など)で死ぬことがなくなったので、リセットしなくてもよくなったし、オブジェクトに詰まって行方不明にならなくなった。仲間に出来るメンバーも個性的。

・レベルの上限があがった
前作まではクリアするまでにカンストしてしまっていたが、今作はそれがなかった。

・散歩
広大な世界をただただ歩きまわるのが楽しい。
森の中にポツンとある白骨死体や、廃墟に残された200年前のメッセージなどを見て、「そこにそれがある理由」を想像して楽しめる。そういったオブジェクトが無数にある。

・日本語吹き替えの質がいい
芸達者な皆さんが演じているのでお話に没入できる

・パワーアーマー
男なら誰だってパワーアーマーを着て悪人共をまとめてミンチにしたいと思うんじゃないだろうか。フォールアウト4を遊べばその夢が叶うんだ!自分好みにカスタマイズするのも楽しい。

・残虐表現
家庭用の3では叶わなかった日本版のミンチ表現がオリジナルに忠実に、しっかり解禁!

・ストーリーが魅力的
今作では主人公にも会話ボイスが付いたので、よりドラマチックに。(最初は違和感が大きかったが)

・会話の選択肢が豊富
周回の楽しみが増える

・park(特殊能力)の種類が豊富
周回の楽しみが増える

・仲間になる女性キャラがみんな可愛い
キュリー!僕のキュリー!


【イマイチだった点】
・字幕が不完全
女性キャラでも字幕での会話が男性口調だったり、そもそも会話としておかしい部分がちらほら。
吹き替えがあるので混乱はしないが、惜しい。

・キーピック、ハッキングの仕様
さすがにマンネリ感

・救いの無いストーリー展開がある
自分が指示する勢力によっては、「ボクちゃんそんなことしたくないのに!」という流れになる。
そこにいたるまでの自由度が高かっただけに、顛末を選ばせてほしかった。
マルチエンディングだから、いくつかはありといえばありなのか。

・フェラルグールの突進
怖すぎるよ!(ただのヘタレ)

・パワーアーマーが強すぎる
着なければいいって話ですが、所持重量も増えるので頼りがち。

・地形にハマる
致命的なものはなかったけど、何度か。

・別れた仲間がどこにいるかわからなくなる
拠点が満員でも仲間だけは指定できればよかった。


こんなところでしょうか。
イマイチな点は、字幕を除けば絞り出した感があります。

とにかく、私が言いたいのは・・・『フォールアウト4』おもしろーい!!!
です。


おわり。


【今日の世紀末火炎ビン動画】
火炎ビンマスターの「アンナ」(2キャラ目)が、よい子のためにスマートな火炎ビンの使い方を、お手伝いロボットの「コズワース」と一緒に教えてくれるぞ!(音が出ます)

高い所に居る相手には火炎ビンをっぽ〜い。
これで意地悪なレイダー達も、こんがり火ダルマちゃん☆
おっと、扉を開けてもう一人…!
こんな時は落ち着いて火炎ビンね。

注:火炎ビンを投げる時は、しっかりと投てき範囲を確認し、目の前の壁に当てたりしないようにしましょう。


ボンベを見つけたら火炎ビンのチャンス。
誘爆させれば、ドッカーン大爆発☆
おっと、物陰にグールが隠れているわね。
こんな時もクールに火炎ビンよ。

注:火炎ビンを投げる時は、目の前を絶妙なタイミングで「コズワース」が通過しないか確認しましょう。
posted by コケシ at 00:00| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする